自費出版の本を製作する時のポイント

自費出版の本を製作する時のポイント 自費出版する時のポイントは、依頼する企業を複数ピックアップして比較、検討することです。
昨今では大手出版社から自費出版専門の会社など様々な企業で自費出版を支援しています。
企業によって発生するコストやサービスなどが異なってくるため、自分にあった器用選びは非常に重要なポイントです。
選び方として、まず出版したい本のイメージを明確にしておきましょう。
ジャンルやページ数、本の体裁などざっくりでも良いので構想をたてておきます。
これは見積もりを依頼する際に必要となってくるので、事前に決めておいた方がスムーズです。
見積もりだけでなく、売上還付金についても調べておきましょう。
これは著者に対する印税のことですが、作家や出版社によって異なってきます。
そして顧客の希望に対して柔軟に対応してくれる企業を選びましょう。
自費出版といっても、小説だけでなく同窓会の文集や個人的な回顧録などケースは様々です。
自分で文章が書けない人にはライターに書いてもらうことが出来る企業もあります。

自費出版で費用を安く抑えるコツ

自費出版で費用を安く抑えるコツ 自費出版で費用を安く抑えるための、編集費用を安く抑えるコツは、編集の部分は機械を使って行なうことは不可能なので、人力で行なうしかありません。
でも出版社の人の手を借りてしまうと費用は高くなってしまいますので、自分で文章の推敲を完全に行って、ワープロソフト等を使って文字を入力しデータ化して、出版社に渡すようにすれば安くなります。
印刷製本を安くするコツは、製本はハードカバーよりソフトカバーのほうが費用が安くて済みますし、カラーよりもモノクロのほうが費用がかかりません。
ここぞという時以外なるべくカラーページはさけるようにしましょう。
ページ数も少ないほうが費用はかかりませんし、紙も一般的な物を使うほうが安くて済みます。
自費出版の流通費用を安くするためには、本の販売には手数料が掛かるので、自分で全て引き取るのが一番良い方法です。
書店に流通するなら配本数を少なくするのもコツですし、委託販売サービスを利用するというのも費用を安く抑える方法です。